ここでは、「慰謝料」「離婚原因」など、離婚についての色々な説明をしています。


慰謝料


離婚というと慰謝料が伴うものというイメージが強いですよね。

ですが、慰謝料は損害を賠償する事ですから、離婚に必ずしも伴うものではありません。

慰謝料を請求出来るのは、離婚の原因が相手の不法行為によって起こる場合です。

ただし、相手が愛人をつくって浮気をしていたとしても、必ず慰謝料を請求出来るわけではなく、夫婦間が破綻した状態であれば、離婚原因には該当しなくなってしまい請求することが出来ません。

慰謝料をいくら請求するのか、請求額に決まりはありません。基本的には当人同士の話し合いで決定し、収入や資産を加味して決定されます。

それが100万円以下だったり、はたまた2000万超えだったり・・・

結婚期間が長ければ長いほど、慰謝料はそれに比例して増えていくのではないかと思われます。

慰謝料は金銭がからむ問題ですので、折り合いが付かないという場合も充分考えられます。

そうなった場合には、離婚調停を家庭裁判所に申し立てて話し合いを行う事になります。

離婚後に慰謝料の請求を行う場合も、基本的に当人同士が話し合いを行い、折り合いが付かない場合には、家庭裁判所に調停の申し立てを行うか、地方裁判所に裁判を起こすかになります。

慰謝料には時効が設けられており、離婚が成立してから3年間ですので、離婚後に請求を行う時には注意しておく必要があります。


コンテンツ
・ 離婚の知識

離婚についてを説明しています。


・ 離婚原因

離婚する原因は何かを説明しています。


・ 慰謝料

慰謝料の説明をしています。


・ 離婚の数

日本の離婚数を説明しています。


・ 離婚について考える

離婚とは、一体どういうものなのかを説明しています。


・ リンク集